ジェットウォッシャー ドルツ、襲来

健康通信

どうも、虫歯でなくても年に数回、健診のために歯医者に通うほど、歯の健康を気遣うエンジニアです。

家電芸人、麒麟の川島明氏が、アメトーークのついついネットで買っちゃう芸人でオススメしていた

Panasonic ジェットウォッシャー ドルツ

防水仕様なので風呂場でも使える

普段は歯間ブラシorフロスと、歯ブラシを併用しているんですが、これがあれば歯間ブラシやフロスは不要になるのでは?と思い購入しました。

結論:歯間ブラシは不要になる。しかしフロスの守備範囲は残る。

麒麟川島さんが言うように歯の隙間にガッツリと挟まるようなものでも、あっさり取り除いてくれます。
しかし、歯の隙間が殆どない部分はさすがに除去しきれないカンジ。
フロスだと強制的に隙間に入りこむので、ジェットウォッシャー後にフロスをしても、わずかに歯垢が取れることがあります。
但し、本当に微量なので、フロスをする回数は極端に減りますね。
月に数回で良いんじゃないかと。

使い方は、本体に水を入れて、あとは口の中でノズルを歯の隙間や、歯茎のスキマに向けるだけ。
寒い時期に冷たい水を入れると、知覚過敏なところはむっちゃ沁みます。
温かい水も使えるので、冬の時期は温水で使うことにします。
わかる人にはわかると思いますが、歯医者の水の味がしますw

川島さんはコード式を紹介してましたが、私が購入したのはコードレスでしかも防水仕様なので、風呂に入りながら使えるのが無茶苦茶便利。

また一つ、家庭内が快適になりました。

お値段は楽天市場で13,450円で購入。Amazonの方が少し安いんですがポイントを差し引くと楽天が断然お得だったので。
他にも似た製品が多数あったので、一通り比較してみたのですが、①安心感(ハズレを引かない)②機能性(防水、携帯性)を考えるとこの商品一択となりました。

余談
最近立て続けに、食洗器やらウォシュレットやら購入していますが、
実は、最初の食洗器に8万円の予算を準備してたんですよ。
本体6万円ちょっと、取り付け工事とかで1万円ちょっとを想定して。
それが、実際には本体5万円程度、取り付けは自分で行ったんで
3万円浮いたんですよ。
それを使ってウォシュレットとジェットウォッシャーを購入したので、これで予算使いきりとなりました。
どれも満足いくものばかりなので、今後も生活の質を向上するためにはどんどん使っていきたいですね。

パナソニック 口腔洗浄器 ドルツ コードレス 白 EW-DJ53-W
パナソニック 替えノズル ジェットウォッシャー ドルツ 2本入 クリア EW0983-X

コメント

  1. […] Panasonic ジェットウォッシャー ドルツを使っている中で新たな発見がありました。 […]

タイトルとURLをコピーしました